能登屋備忘録

能登屋の日常を淡々と描く作品です。

ちんぶら重慶編(1日目)

行程(1日目)

中国南方航空3016便 台北桃園国際空港→武漢天河国際空港

武漢

 

参加者(1日目)

・のとや

 

 今回の旅程は、総計7名もの参加者がいるやや大規模なものとなりました。参加者の大半は春秋航空日本の運航する東京成田→武漢便を利用して武漢入りしますが、私は飛行機の到着時間と値段の問題で前日から武漢へ入ることになりました。武漢へは複数社就航していますが、午前にバイトがあったため夕方の南方航空を利用。

 

f:id:noto92:20190116141510j:plain

むちゃくちゃ霧の出ている桃園空港

 南方航空は「いつぞや」以来の利用で、国際線(笑)は初めてですね。やや早発、早着とありがたい限りでした。機内サービスは特筆することもありませんでしたが、やや機内が空いていたのでゆっくり過ごせました。

  今回の中国、私にとっては二度目の訪問で単独行を含む旅程は初めてだったので若干緊張しました。とくに、今回はインターネット接続してのため香港で発行されているSIMカードを利用したのですが、使い方を熟知していなかったのでやや手こずりました。ソレ以外は特に何も問題なく。私のパスポートは中華民国の入出境印のオンパレードかつビザまであるので何かしらの嫌味を言われるかなとも思ったのですが、熟読されて終わりでした。あっさりしたもんです。

  武漢市は湖北省に属し、人口1000万、面積8000平方キロメートルと面積はほぼ兵庫県と同じで人口が2倍という巨大な市です。街なかを巨大な長江、漢江が貫通しているために、「武漢」とひとくちに言っても、武昌・漢口・漢陽という3つの街から成り立っています。ハンガリーブダペストのようなものですね。

 言語的には西南官話が主流のようですが、この日あまり人と喋ることはありませんでしたので、やりとりした範囲で不自由はなく、ホテルでゆっくり休めました。

 

重慶にて(ちんぶら重慶編余禄)

こんにちは、のとやです。

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。新年といいつつもう半月過ぎていまして、月日の経つのは速いというかヤバいですよね。

さて、突然ですが、今中国は重慶におります。重慶四川省に位置し、人口3000万面積北海道とほぼ同じという都市というか都市圏なのですが、中国最大の直轄市です。

ご存知のように、中国当局は厳しいインターネット検閲政策を採用し、Google傘下の諸サービス、Twitter、FB、LINE、IGなど日本においてよく利用される各種アプリケーションが利用できません。Google Chromeでさえろくすっぽ開けないので、正直これをどうにかしなければお手元の携帯がほぼ文鎮になってしまいます。たしかに、VPNという方法もありますが、私はうまくいきませんでした。後ほど説明しますが、この方法は香港経由で解決します。

というわけで、私はメイン端末がどうにも出来ていないので、空港のWiFiとか使えなくて割と暇なんです。チェックイン待ちの行列中にアクセスできたはてなブログのアプリでこれ書いてます。

 

f:id:noto92:20190115155948j:image

 

さて、結論から言うと重慶は面白い街です。街の中を長江と嘉陵江という河川が横切り、山がちな土地柄でお世辞にも開けた場所ではありませんが、へばりつくように高層マンションが立ち並び、網目のように軌道交通や高速道路が立ち並ぶ街並みは大阪と神戸を足して10倍にしたような雰囲気があります。

 

f:id:noto92:20190115160217j:image

f:id:noto92:20190115160235j:image

 

ただ、重慶は天気が悪いことで知られ、日中はほとんど霞んで何も見えません。

f:id:noto92:20190115160330j:image

なので、見所はやはり夜。中国式社会主義、すなわち社会主義市場経済が実現した巨大な開発は、重慶を谷がち山がちな地方都市から魅力溢れる大都市へと変貌させました。

 

とはいえ、またその高層ビルの足下では人々が小面を啜り肉を焼き物を売り痰を吐いています。こうしたダイナミックな二面性こそ中国の魅力でしょうか。

 

さて、この4泊にわたる中国旅行の模様と騒動をこれからご紹介していきたいと思います。

 

 

 

家庭と福音

 クリスマスおめでとうございます。神の子イエスが地上に遣わされた日ということになっておるのがクリスマスです。決してアレやソレでナニに励む日ではないんですよ心得よ太陽の子孫たち。さて今日はそうしたクリスマスをマクラにして、家庭に関する話をしてみたいと思います。以下はだ・である文です。

続きを読む

これが「帰国のための渡航書」だ!

 

 さて、昨日(一昨日)のブログで、DがPになった話をした。彼が無事帰国できたのも、日本国政府・在英国日本国大使館(総領事館)のおかげである。その功績を記しつつ、彼が帰国にあたって使用した「帰国のための渡航書」(のびのびパスポート)を公開する。これを目にすることがないことを心から祈る次第である。

続きを読む

日記(12月22日、街歩き)

 台北は日本帝国によって骨格が形成されたため、いまでも多くの日本時代の建築が残る。総統府(旧台湾総督府)や台湾大学(旧台北帝国大学)はその代表的な遺構で、ほぼ当時の機能を今に引き継いでいる。近年、台湾ではこうした日本時代も含めた古建築、古蹟があいついで保存・修復されている*1。こうした建築は台北だけでもかなりの数に上り、また国や市によって特別に保護指定を受けていない建築も数多く残されている*2

 これらのうち、12月22日は青田街*3にある旧台北帝国大学の官舎をいくつか見てきた。

*1:古蹟はおおむね国・直轄市・県市の三つのレベルに分類される:臺灣觀光資訊網兒童網-旅行臺灣-古蹟

*2:臺北市文化資產 - 维基百科,自由的百科全书

*3:師範大学(かつての台北高校)の付近、日本時代は「昭和町」と言ったらしい

続きを読む

海外旅行で気をつけるべきこと

 ご報告したのかどうか、もはやこれを読んでいる読者諸賢にとっては既知だろうからあまり関係はないのであるが、私はいま海外に住んでいる。といって、コートジボワールコソボに住んでいるわけでもなく、オキナワの一寸先、台北に住んでいる。本記事は、そんな台北に住むひとりの人間の生活の記録……ではない。

 海外旅行、海外生活で気をつけるべき基本的な時候を、ある2つの物語から明らかにせんとするものである。

 

続きを読む